活動紹介

↓ページ内リンク↓
学会誌 研究大会 研究部会




学会誌

研究大会

2017/4/22
第7回大会(2017年7月15-16日)の第一次案を掲載しました。
詳しくは以下のファイルをダウンロードしてご覧ください。
第一次案内 〔PDFファイル〕
●自由研究発表申込書 〔pdfファイル〕 〔MS-Wordファイル〕
●懇親会費&弁当代の郵便局払込取扱票(イメージ)〔PDFファイル〕 

第7回学会大会のお知らせ
●期日:2017年7月15日(土)〜16日(日)
●場所:札幌学院大学(江別市文京台11番地)
 上述しましたように、来る2017年7月15日(土)〜16日(日)に昨年度に引き続き札幌学院大学にて学会大会を開催することとなりました。
 詳しい日程等についての御案内の時期は3月頃を予定しております。
 課題研究のテーマ等を含めて学会大会の企画についての着想をお持ちのかたは、学会事務局までお知恵をお貸しいただければ幸いです。
 自由研究発表(実践事例検討部門/一般研究部門)についての発表募集についても3月頃に広報する予定としております。御発表予定の会員におかれましては、お早めにご準備おきください。
 なお、江別市を含めた札幌近郊の宿泊施設については、既に半年前から予約が増え出し、直前の予約は困難であろうと予想されています。大会時に宿泊を予定されている方は、各自で早めの予約をお願いいたします。



第6回研究大会
・6回大会はすでに終了しています
第一次案を掲載しました。詳しくは以下のPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
  • なお、上記の内容を含む会員への郵送での第一次案等の封書の発送は5月下旬を予定しています。周知が遅くなり、御迷惑をお掛けしておりますことを御容赦ください。
    第6回大会は2016年7月16日(土)〜17(日)、札幌学院大学で行われます。
  • 大会期間中の札幌市近郊のホテルの残室がたいへん少なくなっております。
    大会参加で宿泊を希望の方は、御自身での早めの予約、または旅行会社への相談をお願いいたします。



◆第5回研究大会
    北海道臨床教育学会第5回年次大会は日本臨床教育学会と合同で、
    2015年9月26日(土)・27日(日)に北海道教育大学札幌校にて開催しました。

◆第4回研究大会
◆第3回研究大会
◆第2回研究大会
◆第1回研究大会
  • 2011年7月17日 札幌サンプラザ
  • 2011年7月18日 北海道教育大学札幌校

◆設立総会
  • 2011年1月29日(土) 札幌サンプラザ
    • 総会
    • 記念シンポジウム
      • 第一部「北海道の臨床教育学――その到達点と学会の役割」
      • 第二部「それぞれの立場から臨床教育学への希望を語る」


研究部会

地域臨床教育学部会

  • 第3回例会……2015年5月17日(クリスチャンセンター2F203)
  • 第2回例会……2015年4月11日に行われた
    「第5回日本臨床教育学会・北海道臨床教育学会大会第1回実行委員会・合同研究会」
    への参加に変えさせていただきました。
  • 第1回例会……2015年3月7日(クリスチャンセンター2F203)

学校教育リフレクション部会

  • 2017/5/13
    第21回学校教育リフレクション部会

    日 時 : 2017年5月21日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 学校教育リフレクション部会が発信するリフレクション方法を問う(2)

  • 第20回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2017年4月16日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 学校教育リフレクション部会が発信するリフレクション方法を問う(1)

  • 第19回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2017年2月19日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 荒木奈美
    「生き直し」の場として大学教育を考える
    ―文学授業の中で見えてくる学生たちの現状と可能性―
  • 第18回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2017年1月29日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 座談会 ― これまでの部会活動を振り返る
  • 第17回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年12月11日(日)13:00-16:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 続・こどもたちが学びに向かう姿を感じる
    報告者: 今田 章子 氏
  • 第16回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年11月13日(日)13:00-16:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 :こどもたちが学びに向かう姿を感じる
    報告者: 今田 章子
  • 第15回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年10月16日(日)13:00-16:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 :「学年開きのリフレクション:この3年間の変遷とそれに至るまで」
    報告者: 札幌市内中学校教師
  • 第14回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年9月11日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 「教師が自分の実践をどう語るかー自己リフレクションの方法とその可能性の探究」
    問題提起 荒木奈美(札幌大学)
  • 第13回学校教育リフレクション部会
    日時 : 2016年8月21日(日)14:00-17:00
    場所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
  • 第12回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年6月19日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 「現場で奮闘する教師の教育実践をどう聞き取るか(3)」――次回大会での発表を見据えて
    概 要:
    私たちは毎年7月に行われる大会での発表と紀要投稿を目指し、年度ごとにテーマを決めて部会を運営しています。
    昨年度は現場の先生方の教育実践を聞き取るための方法論を模索しました。
    今回は4月に引き続き、その成果報告を目指して、教育実践報告を参加者が聞き取り、その意味を探ることを試みます。
    ふるってご参加ください。
  • 第11回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年5月15日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 「現場で奮闘する教師の教育実践をどう聞き取るか(2)」――次回大会での発表を見据えて
    概 要:
    私たちは毎年7月に行われる大会での発表と紀要投稿を目指し、年度ごとにテーマを決めて部会を運営しています。
    昨年度は現場の先生方の教育実践を聞き取るための方法論を模索しました。
    今回は4月に引き続き、その成果報告を目指して、教育実践報告を参加者が聞き取り、その意味を探ることを試みます。
    ふるってご参加ください。
  • 第10回学校教育リフレクション部会
    日 時 : 2016年4月10日(日)14:00-17:00
    場 所 : 北海道大学 人文・社会科学総合研究棟(W棟)5階508教室
    内 容 : 「現場で奮闘する教師の教育実践をどう聞き取るか(1)」――次回大会での発表を見据えて
    概 要:
    私たちは毎年7月に行われる大会での発表と紀要投稿を目指し、年度ごとにテーマを決めて部会を運営しています。
    昨年度は現場の先生方の教育実践を聞き取るための方法論を模索しました。
    今回はその成果報告を目指して、まずは一つの教育実践報告を参加者が聞き取り、その意味を探ることを試みます。
    ふるってご参加ください。
  • 第9回学校教育リフレクション部会
    日時:3月13日(日)14:00-17:00
    会場:北海道大学W棟508教室 (予定)
    内容:「物語の循環」を視座とした教育実践について考える
    参考文献 野口裕二『物語としてのケア ナラティブアプローチの世界へ』(医学書院2002)
    ⇒以前部会に参加されていた札幌大学の修士課程の学生さんが無事修士論文を提出されました。
    その内容を受けて、ナラティブ・アプローチの実践として教育の現場で「物語の循環」を見出すことの意味を考えてみたいと思っています。
    教師として、児童生徒との語りあいから生まれるストーリーを大切にしながら、教師も子どもたちも成長し続けていくことに意義を感じている現場の先生がたにはぜひご参加いただき、得た意味を共有して行きたいと考えています。
  • 第8回学校教育リフレクション部会
    2016年2月14日(日)(北海道大学W棟508教室)
    内容 佐竹貴明氏「教職志望学生における『素材の教材化』に関する事例研究」をめぐる意見交換
    ⇒佐竹さんが現在取り組まれている上記研究の素描を伺います。
    これまで部会で取り扱ってきたナラティブ的な語り合いという観点から、参加者である私たちの経験の中から佐竹さんにとって有益な「意味」を見出すことができればよいと思っています。
    ふるってご参加ください。
  • 第7回学校教育リフレクション部会
    2015年12月13日(日)(北海道大学W棟508教室)
    内容:氏原陽子氏論文「意図的な隠れたカリキュラム」
    (『名古屋女子大学紀要』59号 2013)を読み、自由討論
    ミニカンファレンス
  • 第6回学校教育リフレクション部会
    2015年11月8日(日)14:00 - 17:00
    場所:北海道大学 W棟508教室(人文・社会科学総合教育研究棟5階)
    ※詳しくは、以下のPDFファイルをご覧ください。
    第6回案内・過去の部会記録PDFファイル







TOPに戻る