学会誌投稿論文の募集

『北海道の臨床教育学』第6号 投稿論文の募集のお知らせ

2016年10月31日 『北海道の臨床教育学』編集委員会


 北海道臨床教育学会編集委員会は、『北海道の臨床教育学』第6号(2017年7月発行予定)への投稿論文を募集します。投稿論文は以下の3つの種別から構成されております。

  • 研究論文 20,000字以内(図表、注、引用文献・参考文献を含めて)
  • 実践研究論文、事例研究論文 20,000字以内(同上)
  • 実践報告、事例報告、調査報告 16,000字以内(同上)

 研究論文は、臨床教育学に関わる実証的、実践的、理論的研究、あるいは総説的な視野に基づく問題提起的な研究を記述したものを指します。

 実践研究論文事例研究論文は学問的な形式・方法としては構築途上のものであるが臨床教育学の研究、あるいは実践に貢献する内容、もしくは問題提起を記述したものを指します。

 実践報告事例報告調査報告は現時点では研究的なアプローチの対象となりにくいが、臨床教育学の展開・深化に資するものとして、今後の検討課題とすべき内容を含んだ実践・事例・調査を記述したものを指します。

<投稿の申込、原稿締め切りについて>
 投稿の申込(意思表示)の締め切り、原稿の締め切り、投稿先は以下の通りです。

  • 投稿申込(意思表示)締め切り:2016年11月30日(水)(必着)
    *検討中の方も一度、申込み願います。
  • 原稿締め切り:2017年1月31日(火)(必着)
  • 投稿先:編集委員会投稿担当

詳細に関しましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

<投稿に関する問い合わせ>
 第6号でも編集委員が中心となり論文投稿に向けた準備のサポートも行います。以下のような疑問がある場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 投稿してみたいという希望があるものの、論文にする方法や過程について相談がある場合
  • どの部門に投稿するかについて相談したい場合
  • 投稿する際に内容などの検討を希望する場合

<執筆における相談支援について>
 第6号でも投稿申込者の求めに応じて相談支援者を設定し執筆のサポートを行います。研究誌への論文執筆について経験のない実践者の方もご自身の実践をまとめるなどの機会としてご活用いただけると幸いです。
 そのため、投稿申込にあたっては執筆予定の概要(取り上げる先行研究、事例など)についてできるだけ具体的に記入するようお願いします。

<投稿、問い合わせの方法>
 投稿申込(意思表示:検討中の方も含む)、もしくは投稿に関する問い合わせをご希望の方は以下の点を記しEメールまたは郵送(FAX不可)にて、2016年11月30日(必着)までに編集委員会投稿担当までお申し込み下さい。

  • 投稿(予定)者氏名
  • 所属(院生の場合には院生と付記
  • 連絡先(住所、電話番号、Eメールアドレス)
  • 投稿申込みの際は投稿論文題目(仮題でも可)と投稿部門
  • 相談支援者設定の要・不要  →「要」の場合は、執筆予定の概要(取り上げる先行研究、事例など)についてできるだけ具体的に記入するようお願いします。
    *問い合わせの場合はその内容を詳細に記入願います。

 困難の多い学校現場はもちろんのこと、心理、福祉、保育、養護、療育、医療など、さまざまな領域の(あるいは領域を超えた)発達援助実践に関わる論文の投稿を心からお待ちしています。

【『北海道の臨床教育学』編集委員会】
編集委員長
副編集委員長
編集委員
編集委員
編集委員
     間宮 正幸(共育の森学園)
黒谷 和志(北海道教育大学旭川校)
伊藤 克実(札幌学院大学)
守屋 淳(北海道大学)
宮井 真由(公立学校スクールカウンセラー)


※投稿の送付先については、第7号の募集の際に改めて掲示します。
なお、お問い合わせは、編集委員会代表メールアドレス henshuu@hokkaido-rinkyo.com までお願いします。
@を半角に修正してご利用願います。

※ 申込用紙は、ここからダウンロードすることができます。
   投稿/投稿相談申込書(MS-Wordファイル)
   投稿/投稿相談申込書(PDFファイル)

※ このページの情報は、ここからダウンロードすることができます。
   投稿論文の募集案内(第6号)-MS-Wordファイル
   投稿論文の募集案内(第6号)-PDFファイル

※ 案内葉書には詳細は学会ホームページに記す旨を記しておきながら、葉書の到着よりもホームページへの詳細情報の掲載のほうが後になってしまいました。お詫び申し上げます。

記事掲載日(2017年5月24日 一部修正掲載)
(※既に第6号の投稿は締め切っていますが、今後の投稿者のために、過去の募集要項の一部を現状に合わせて修正した上で残しています。)






TOPに戻る